Naomi says,

山奥に引きこもって毎日お肉を食べながらボードゲームと読書をして生きていきたい。

Splathon #10 の試合の振り返り

令和元年、Splathon #10 に参加してきました。
(余談ですが、おわんこ美術館来館者記念として令和はむんこさんステッカーを配布していました。いつもご支援ありがとうございます)

Splathon とは

Splatoon が好きな人たちが集まって Splatoon の対抗戦をするというコミュニティイベントです。アーカイブはこちら:

Watch live video from splashtv_splat on www.twitch.tv 

Splathon 歴

Splathon 参加はたぶん5回目か6回目くらいです。ずっとコミュニティではアクティブメンバーで、東京にいた頃は日中仕事もろくにせず雑談に耽り常に #general や #random で most active member 上位に入っていました。アメリカにお引越ししてからは時差の関係もありだいぶ発言数は減りましたが、いろんなチャンネル内で元気におしゃべりしてます。現在はオンラインイベントの企画や運営のお手伝いをしたり、コミュニティ運営メンバーの一員として貢献させていただいています。

帰ってきたグーグルシュライバ(以下 G)

G メンバーはうどんXP, haya14busa, nagayama, とらこう。Splathon #9 では決勝で道玄坂チームに負けて2位だった。オンラインイベントの Ladder ではずっと首位キープしていたけれど Season 2 の最終ラウンドで結月ゆかりチームに負けてしまい、そちらも2位フィニッシュ。個人的にはあまり練習もできなかったし、そもそも1週間くらいスプラトゥーン触ってなかったし、久しぶりすぎて Splathon #10 当日に Switch が壊れて第一試合の5分前くらいまで Splatoon を起動できなかった。危なかった。

我々のチームはメンバーの XP が高いし、各々の能力が非常に高いのでパワーでゴリ押し、みたいな試合を今までたくさんしてきた。しかしそれでは連携力のあるチームに負けてしまうし(Ladder の結月ゆかりチームは本当に動きがハマっていて強かった)、ひとりが欠けてしまったら崩れてしまいがち(例えば竹エースのうどんさんが緊張して動けなくなるとだいぶキル力が落ちて不安定になる)なので、 Ladder #2 に入ってからようやく「チームとしてどう動こうか?」みたいな話をお互いできるようになった気がする。とてもよかった。

 

以下各ラウンドの振り返り。
記憶が定かではないので微妙に間違っているところもある気がするけどだいたい覚えている範囲で書いた。

第一ラウンド vs 企業名不同確実但未定後決定

  • 相手はりぃ、hakuri、わたこ、あんきら(敬称略)。
  • hakuri さんのイカ忍ノヴァの警戒をしようねという話をチームとした。
  • わたしは個人的にずっとりぃさんのファンなのでちょっとドキドキした。

1試合目 バッテラ ホコ WIN:

  • 本当は 52 ガロンを持つつもりだったけど、1週間ぶりのスプラだし…とヒヨってしまいわかばシューターにした。
  • ホコを割ってのんびり塗ってたら味方が暴れて初動でオールをとれたので、思いきり前に詰めていくはやぶさに合わせてアーマーを吐いてなんかボムを投げたらカウントが1まで進んでた。
  • ノックアウトはできなかったけどずっと攻めの流れを作ることができてよかった。
  • アーマー7回吐いたらめっちゃアシスト入ってキル数トップだった。ほくほく。

2試合目 ハコフグ エリア WIN:

  • マルチミサイルが撃ちたかったので赤ザップを持ったけど、そもそもハコフグ狭くて塗るところ少ないから2回しか吐けなかった気がする。
  • あんきらさんの傘を抑えることができたら相手の塗りが厳しくなるだろうなと思った。そして塗りが厳しいと hakuri さんがあまり動けない。攻略法をすべて理解した。
  • 序盤はマップ右でずっとあんきらさんと見合って傘をエリアに寄せ付けないようにして味方の援護を待っていた。わりとうまくいった。ククク計算通り…。
  • 左通路から裏取りしてバレルの気を引いていたらノックアウト勝ちしてた。味方つよい。

第二ラウンド vs ウデムシラバーズ

  • 相手はやまひれお、チャーリー、310、あらしD。
  • あらしDさんは Ladder でアブギダチームに FA として参加してくれているので何度も一緒にプレイしていたし、キル力が高いのもわかっていたので荒らされないように注意した。
  • ウデムシラバーズとは Splathon #9 でも当たって1勝1敗だったので、310 さんのクラブラにも注意しようと思った。

1試合目 コンブ ナワバリ WIN:

  • コンブは Ladder でも何度もやったことがあるのでそこまで不安はなかった。なかったが、いかんせんあらしDさんが強く、めっちゃデスした。相討ちに持っていけないデスをしてもはやぶさがちゃんとカバーしてくれたのでなんとかなった感。
  • でも最後の20秒でちゃんとキルを取ってボムピを吐けたのでギリギリ仕事はしたかな…。

2試合目 モズク アサリ WIN:

  • プラコラを持つ。Ladder でもずっと使ってきたからバブルの吐きどころは少しだけうまくなったように思う… なってるといいな…。
  • 危ないシーンが何度かあったけど、なんとか守りきって勝った。でも本当に危なくて後半ヒヤヒヤした。

第三ラウンド vs からまりまきあーと

  • 相手は hiroyaウツボット、れん、カプサイシン
  • れんさんのバケツは Ladder の結月ゆかりチームで何度も対面をしたことがあるので、怖いな〜って思っていた。
  • 第二ラウンドのからまりまきあーとチームの試合を観戦していた時に hiroya さんのケルビンとても怖いなと思ったので、要警戒してた。

1試合目 コンブ ナワバリ WIN:

  • 連続でコンブナワバリを引いてゆく。だいぶウォーミングアップはできていたのであまり不安はなかった。
  • いつものようにシマネでクイボ投げたりボムピを吐いたり。

2試合目 モズク ホコ LOSE:

  • モズクもホコも苦手なので不安100%だった。
  • 「あ〜ボム踏んだ!」を試合中に100回くらい聞いた。スプラッシュボム踏みまくりでどうしようもなかった。
  • 黒ザップを持ったが、わたしがホコを持つことが多かったので、黒ザップの強みが一切活かせなかった。ホコ持ちをやるなら別のブキやギア構成のほうがよかったかなぁと。
  • 「焦ってボム踏んじゃうので、もうちょっとしっかり SP 合わせして人数落としてからいきたい」って通話で言ったら「SP 合わせと言ってもチャクチ2枚やぞ!」と返ってきて(ローラー・黒洗濯機)ハッとした。だったらもうちょっとホコ持ちを任せてアーマーを回してあげたほうがよかったかなぁ…(気づくの遅い)。
  • ホコを持ったとき、味方のみんなが一気に前線を上げてくれるのはありがたいのだが、エリア付近のクリアリングができていないので最短付近でセンプクしている敵や網上の敵にホコを狙い撃ちされて全然進められなかった。
  • もう少し慎重に塗り拡げてクリアリングして…というのをやりたかったが、そもそも普段からそういう役割を担っている自分がホコを持っているのでなんか微妙だった。
  • G がホコ弱いのは前からわかっていたけどこの試合はもう少し工夫していれば勝てたはず、と非常に悔しいお気持ち。

第四ラウンド vs デカLINE

  • 相手はコキチーズ、ミズハラユキ、tellusium、こいぬパレード
  • みんなこわいなぁって感じ。
  • とくに G ははやぶさエクスくらいしか長射程がいないので、こきっちゃんのハイドラめっちゃ怖かった。

1試合目 エンガワ ヤグラ WIN:

  • ヤグラはネクロを持つつもりだったが、相手にザップがいるのを知っていたので(こいぬパレードさん)採用見送り。エンガワ狭いし水場が多いので、スペ増積みのスシベッチューでマルミサマンになった。海外ガチマなら確実にブロックされるタイプのギア。
  • 個人的にはよく動けたしキルもちゃんと取れてシューターとしての役割も果たせたので満足。
  • 後半や延長でうどんさんとながやま氏が水没しまくっててマジで負けたかと思った。「あ、すみません落ちました」「あ、水没した」っていう報告が立て続けに聞こえてきて、「アア、オワッタ!」って気持ちだった。
  • はやぶさが頑張ってヤグラを止めてくれた。きみが MVP だよ。

2試合目 マンタマリア ホコ LOSE:

  • 出出〜ホコ奴〜(負けた)。
  • わかばを持ったが、こいぬパレードさんの黒ザップにめっちゃ撃ち負けてしまった。反省。
  • 惜しいところまでカウントは進んだが、あともう少しというところで何度も3落ちしてしまった。
  • 試合後、からまりまきあーとのれんさんが嬉しそうに「グーグル引き分けた!」と言っていたのがおもしろかった。はい、引き分けました。

決勝トーナメント 1試合目 vs 結月ゆかりになりたい

  • 相手は tkt、ズッキー、kuro、まけトピア。
  • 2勝2分けだったし決勝トーナメントはないだろうなと思っていたので、ギリギリ滑り込んだのを見てびっくらこいた。
  • 完全に運営に徹すつもりだったので運営部屋のほうで「え、なに、決勝Tいけんの?まじ??」って感じだった。
  • そしてやはり結月チームと当たるんだなぁ。これ Splathon #9 でも見た。
  • 直近の Ladder で結月チームに負けているので、どうかなぁ〜う〜んって感じ。

1試合目 エンガワ ナワバリ WIN:

  • わたしがルルステを引くと確実にナワバリになるんですが…。
  • ナワバリわりと好きだし、結月はナワバリがあまり得意じゃなさそうなので結果良し。
  • ズッキーさんのキル数を抑えればなんとかなるのでは?と思ってた。
  • クイボぽいぽいやボムピッチャーがよく刺さった気がする。やはり狭いところはこういう爆風をいろんなところにばらまくと強い。

2試合目 タチウオ ホコ WIN:

  • う〜〜〜んホコって思ったけどタチウオならチャンスあるかなって感じだった。
  • 通路が狭いのでうどんさんと共にマルチミサイル×2を採用。
  • カウントをあまり進められなかったのでいつ逆転されるかわからなくてヒヤヒヤした。
  • 実際後半めっちゃ危なかった。超ギリギリでホコを止めることができてなんとか守りきった感じ。

準決勝 vs 人生の春休みキッズ

  • 相手はかぼす、くさや、さんこ、もちょ。
  • 竹 vs スクイックリンという誰も幸せにならない戦い。
  • かぼくさはワシが育てた、ってながやま氏が言ってたけど実際には発掘したのはワイやぞ!!(リグマで当たったかぼくさペアをいきなり任天堂アプリの通話に呼びつけてナンパしたのが出会い。赤の他人にいきなり通話に呼び出されて「一緒に遊びませんか?Twitter 教えてください」って迫られてさぞ怪しかっただろうなァ…)
  • Ladder ではかぼすとくさやをコーチ/トレーナーとして迎えていろいろアドバイスをもらっていたので、頑張りたかった。

1試合目 マンタマリア ナワバリ LOSE:

  • ナワバリだったのでなんとかなるかもという気持ちはあった。
  • さんこさんに抜かれまくったのが痛い。
  • 押したり押されたりしたけど残り15秒で2落ちしてしまい、そのまま塗り切られてしまった。反省。

2試合目 モズク ホコ WIN:

  • モズクホコ無理ぽよ… って思ってた。
  • わかばだとモズクの網上にあまり干渉ができないので悩んだが、デカLINE戦の負けを踏まえて黒ザップではなくわかばを採用。
  • 前半に39までカウントを進めることができたが、後半一気にリードをとられるのが G 流のガチホコゲーミング。
  • 残り1分のときにさんこさんのスフィアで無理やり入ってこられてやはりリードを取られ、さらにそこから全落ちして5まで進められてしまった。
  • まだだ、まだ俺たちの戦いは終わってないぞ、という気持ちでなぜかそこからノックアウトして巻き返す気満々だった。謎の自信。
  • 最後のホコ持ちをした。もちょさんのハイプレですべてを破壊されるかと思いきや、なぜか生き残っていてしかもホコ台が塗られていたからそのままスッとノックアウト。
  • 一体なにが…?

3試合目 バッテラ ヤグラ LOSE:

  • よくわからないまま3試合目へ。
  • ヤグラは好きなので楽しくやっていこうと思って挑む。
  • 前半はうまくいっていたが、後半もちょさんがラスト1人の状態で G メンバーを3人持っていくという破壊神ムーブを魅せてくれた。もちょさんすごい。もちょさん強い。
  • 負けたけど楽しかった。我々の春休みは終わった。
  • これもう一回やりて〜。

まとめと感想

  • アプリめっちゃエモい。情報伝達が圧倒的に楽になったし、対戦相手や試合で行ったルルステの記録が残るのもいいし、なにより UI がよかった。使いやすい、見やすい。
  • 運営の対応がはやくなってた。今回は無線機を導入したのもあり、何か起きた時にさっと運営メンバーが連絡を取り合えるのがよかった。少なくとも Splathon #9 よりはすごく動きやすかったし円滑だったように思える。
  • 進化してゆく設備・配信。とても快適だった。
  • タイムテーブルがほしかった。運営お手伝いだったのでざっくりとした運営進行表みたいなのはあったが、選手側の気持ちとしてはアプリ内とかに目安時間を書いてくれたほうが動きやすいな〜とは思った。
  • でも超楽しかった。悔しかった。またやりたい。